派遣のライフスタイル

派遣社員は体が資本!健康にだけはお金と時間をかけよう

ama0I9A8095045132750_TP_V

社会保険に入っているとはいえ、派遣社員は自分の体は自分で守らなくてはいけません。保険はなにかあったときのサポートにはなりますが、体を壊してしまうともう働けなくなります。

正社員の場合は、回復するまで待ってもらえますが、派遣社員にそんな余裕は与えてくれません。そう考えると派遣社員は自分で努力して自分の健康を守っていく必要があります。

健康だけにはお金画も時間もかけるようにしてください。と言っても、ランニングであればかかる費用はランニングシューズとウェアが2セットくらいあれば十分です。全部合わせて2万円の出費は痛いですが、これは必要経費だと考えてください。

ビジネスの世界で活躍している人たちのほとんどが、毎日の運動を怠りません。楽天の三木谷さんや、サイバーエージェントの藤田さん、幻冬舎の見城さんといった超一流のビジネスマンは、どれだけ忙しくても運動も仕事のひとつと考えて体を動かしています。

1日1時間の運動は生きていくために必要と考える

161007-227_TP_V

忙しいからと先送りしがちなのが運動ですが、本来は机に向かっている時間を削ってでも行うべきことが運動です。彼らはジムに通っていますが、ジムに加入する必要なんてありません。住んでいる地区や派遣先近くの体育館にジム施設が揃っていて1回数百円で利用できるはずです。

さきほど紹介したようにランニングでもいいんです。別にマラソン大会に出るわけではありませんので、気持ち良く毎日1時間走れればそれでかまいません。体重もタイムも気にする必要ありません。

とにかく1日1時間の運動です。自転車でもスイミングでもかまいません。これを毎日続けてください。雨の日も風の日もといいたいところですが、そんなときは休んでください。家でゆっくりストレッチやヨガでもかまいません。

自分の体のケアをしているということが大切です。そのことが自分自身の意識も高めてくれます。間違いなく仕事にもいい影響を与えてくれるはずです。

運動を一緒にする仲間を作る

NIS8452soucyounoradio_TP_V

もし自分ひとりで運動の継続ができそうにないなら、友人を誘って一緒に運動してみましょう。それは毎日でなくてもかまいません。都合のいい日、1週間に1回くらいでもかまいません。

誰も乗ってくれなければ、派遣先で同じスポーツをしている人に声をかけてみましょう。ランニングくらいであれば、職場で1人や2人くらいはランナーが必ずいますので、一緒に練習できないか相談してみましょう。

なぜ仲間にこだわるのかというと、人間はやっぱり弱いもので、1人では継続することが難しいですし、運動も少し手を抜きがちです。一緒に行う人がいれば、やめると言い出しにくく、しかも負けん気も発揮されます。

これまで何をやっても続かなかったという人は自分ひとりで始めようとしていたのではないでしょうか。何かを継続しようとしたときに仲間の存在は思った以上に大きいものです。

周りで頼れそうな人がいない場合は、そのようなクラブに参加するというのもいいかもしれません。フットサルクラブやバスケットボールクラブ、バレーボールクラブだけでなく、最近はダンスクラブも増えています。ランニングクラブは無数にあります。そういう場所にどんどん出かけていって仲間を増やしましょう。

運動は生きたお金の使い方のひとつ

shiosio_kasdfjk_TP_V

派遣社員は低収入になりがちですが、それでも使うべきところにはお金を使う必要があります。それが運動だと考えてください。この投資はリターンがものすごく大きいものになります。

人生をともに過ごすパートナーが見つかる可能性もありますし、自分自身の新しい可能性も開けていきます。自分という人間の限界の壁を簡単に吹き飛ばすことができるのが運動です。

衣食住を整えてまずすべきことは運動のできる環境を整えることです。何歳になっても働き続けることができる体を作りましょう。40代になって30代のうちに運動しておけばよかったと後悔しても始まりません。

健康であれば医療費もかかりませんし、有給をむやみに使わなくても済みます。何よりも健康的なイメージは派遣の面接の時にプラスになることがあってもマイナスになることはありません。

趣味云々で言っているのではなく、自分への投資だと思って運動を始めてください。冬は寒いからなんて言っているといつまで経っても初められませんので、即断即決で運動を始めてください。

スポンサーリンク

-派遣のライフスタイル